logo room doc act

Search

治療とは何でしょう??


体の治療とは、いったいどういうことをいうのでしょうか?

例えば、捻挫をしたり、打撲や傷害を受けたり、ウイルスや細菌の感染症に罹ったりします。そうすると、それ以上悪くならないように、固定したり、炎症を止めるための薬や、熱を下げる薬などを使いますね。

急性の場合、症状を抑えるために行うことは必要です。しかし、そういったものはあくまでも応急処置にしか過ぎません。

それは本来の治療とはいえないと思います。ただ単に、一時しのぎです。

通常、生物の体は障害を受けるとその状態を治そうとします。その状態が炎症で、それは本来生物がもっている自然治癒なのです。炎症をむやみに止めたり、抑えるということは、治癒の過程を遅らせることでもあります。

あまり症状がひどい時は、炎症を抑えることも必要ですが、早く治そうとするなら、この自然治癒を行っている状態を外部から補助してあげることこそが本当の治療ではないでしょうか。

当センターでは、一時しのぎ的な、固定や自然治癒を遅らせるようなことはいっさいしていません。あくまでも本人の治癒力を促すためのテクニックのみです。

ですから、その人その人によって治癒する速度は異なってきます。しかし、それこそが、その人にとっての最良の補助となると信じています。マイペースこそが、完全治癒のための最短コースとなるのです。

カイロプラクティイクでは、主に神経系の流れの改善に重点を置いていますが、その他に循環系(血液循環、リンパ循環)の流れの改善も視野に入れています。

薬に頼らず、安全な体の回復を求める人には最良のものとなるはずです。


原因の探索と治療


キネシオロジー (運動機能学) 

筋力の強弱を調べる検査を基に、症状の原因や問題の発生箇所を探し出しまします。キネシオロジーは、様々な流派が存在しますので、治療家ごとにそれぞれ特徴があります。世界各国で行われている様々な徒手療法を利用します。それは、同じような症状でも人それぞれに必要となる治療法が異なるからです。治療後すぐ状態を確かめながら行うため、その都度筋力検査をしていきます。1回の治療時間は長くなりますが、特に安全性や正確性という点で優れています。


内臓の不調からくる問題


リンパ反射テクニック

内臓の働きが低下していることから起こっていると思われる問題についてはリンパの流れを改善させて対応しています。今まで分っている内臓に関連した反射ポイントを検査することにより、お腹の動きの悪い所や痛みのある所を見つけ、直接軽い刺激を加えるか、または手や足の反射点を刺激して活性化させていきます。特に腹部の深いところのリンパの流れや血液循環を改善させることにより、内臓が働きやすい環境を整えていきます。神経系の治療だけでは解決できない問題に適していると言えます。


ドレナージ(排泄)


体中に滞っている毒素の排泄を促したり、リンパ系の流れを改善する方法の一つに植物性のオイルを使ったセラピーがあります。

当センターでは、手による刺激だけでは毒素排泄が困難な場合にオイルを使用しています。オイルを肌に塗り込みリンパ管に沿って刺激をします。リンパ管やリンパ節は全身に存在しているため、症状が出ている場所だけでなく、関連のある場所すべてを治療していきます。軽い痛み(痛気持ちよい感じ)を感じることがありますが、それは、その場所に痛みを発する物質(毒物)が存在しているからです。それをオイルで排泄系統へと流してしまおうというのがこの治療の目的です。ですから治療していく過程で痛みの場所が変わっていくのが分かります。


背骨(脊椎)や手足の関節の矯正


アクチベーター・メソッド・カイロプラクティック・テクニック

アクチベーターと呼ばれるバネ式の器具を用いて矯正します。
矯正したときに、関節がポキポキ鳴ることはありません。手技に比べると小さな力で、なおかつ早いスピードで、しかも治療家の調子に関係なく常に一定の力を保つことができます。角度も自由自在に変えられるので、細かいところの矯正もできることが特徴です。脊柱はもちろん足や手の小さな関節には最適と言えるでしょう。


«Prev|1|| Next»